企業理念

何のために存在するのか?

人の命を救う医療行為によって排出される、医療廃棄物を100%リサイクル・リユースを目標に管理し、地球の限りある資源を大切にすることで限りなく優しい企業を目指します。

一見強力で無尽蔵に見える自然、それは微妙なバランスの上に成り立っています。
「自然は人間が支配するのではなく、生物の一種として他種の邪魔をせずに共生すること」

しかし、現状の医療廃棄物処理施設が、限りある天然資源である化石燃料に依存し、
焼却処理によるCO2の増大が地球温暖化を助長し、自然の微妙なバランスを崩しているのが現状です。

人の命を救う医療行為を動脈に例えると、私たち医療廃棄物処理業は静脈産業であると言えます。
そしてその使命は医療に従事される方々に、安心して医療のみに専念して頂くことにあると考えています。

その実現のために、数ある技術の中からステリサイクル社のETD方式を選び、この上三川に施設を建設しました。
我々は100%リサイクル・リユースを目指して、地球に対し限りなく優しい企業でありたいと願ってやみません。

ステリサイクル株式会社代表取締役社長 千葉秀郎